鈴谷小 スクールサポートネットワーク 本文へジャンプ
鈴谷小 スクールサポートネットワーク(SSN) 実施要綱



1.趣旨
  この要領は、さいたま市教育委員会が策定するスクールサポートネット
  ワーク推進事業実施要綱に基づき、鈴谷小学校が実施するスクール
  サポートネットワーク(以下SSNという。)に関し、必要な事項を定めるもの
  とする。

2.概要
  鈴谷小学校SSNは、家庭・地域・行政との連携協力のもと、地域ぐるみで
  子どもを育てることを目的とし、学校が必要とする活動について、地域の
  方々の学校を支援するボランティア活動への参加をコーディネート等する
  体制を整備し、鈴谷小学校の教育活動の一層の充実を図る。

3.SSN協議会の設置等
  学校を支援するボランティア活動の状況の共有化や学校への支援体制の
  充実を図るため、「SSN協議会」を設置する。
  SSN協議会は、校長と学校評議員を中核とし、校区の自治会会長、教頭、
  教務主任、安全主任、学校地域連携コーディネーターで構成する。
  尚、任期は1年(年度)とする。但し、再任することができる。

4.SSNによる活動等
 (1)活動範囲
    活動は、登下校を含む学校管理下、及びチャレンジスクールに限定する。
 (2)学校支援ボランティアの活動内容
    学校での教育活動を支援する保護者、地域の方によるボランティア(以下、
    学校支援ボランティアという。)の活動は、参加する者の特技、経験を生か
    して自発的に行われるものとする。
    その活動内容は次に例示するものとする。
    @ 学習への支援
    A 安心・安全への支援
    B 環境整備への支援
    C 学校行事、校外学習への支援
    D 生徒指導への支援
    E 部活動への支援
    F 農業体験など体験活動への支援
    G その他、学校管理下における児童生徒の活動への支援
    H チャレンジスクール運営への支援

 (3)学校支援ボランティアの留意事項
    学校支援ボランティアは、次の点に留意して活動を行う。
    @ 学校地域連携コーディネーターと事前に打ち合わせを行い、活動の
       内容や各自の役割を把握する。
    A 学校内で活動するときは、名札を着用するなど目印をつける。
    B 活動中であるなしを問わず、学校で知り得た生徒の個人情報を
       遵守する。

 (4)学校地域連携コーディネーターの活動内容
    学校地域連携コーディネーターは次に掲げる内容について活動する。
    @ SSNの登録者名簿を作成・管理すること
    A 学校から依頼を受け、SSNに支援を依頼すること
    B 地域から要望を受け、子どもを地域の活動に参加させるための調整
      をすること
    C 地域の情報を学校に提供すること
    D 学校の情報を地域に周知すること
    E SSN協議会の会議を運営すること

5. 学校の運営
 (1) SSNの活動に際し、謝礼等は支払わないことを原則とする。
     (チャレンジスクールを除く)
 (2) SSNでの連携は、校長を中心に学校地域連携コーディネーターが行う。
 (3) 学校支援ボランティア活動の留意事項について研修会や説明会を行う。
 (4) 学校支援ボランティアを損害保険に加入させる。
 (5) SSNの活動に必要な備品、消耗品、施設設備について、可能な範囲内
     で貸与する。

 (附則)この要領は、平成24年11月21日から施行する。